• ARTIST SEARCH

    数量:0 | 合計金額:0円

    リクオ

    京都出身。ソウルフルなヴォーカルと幅広いソングライティング、グルーヴィーなピアノスタイルで、注目を集める。

    ’92年、忌野清志郎との曲作シングル「胸が痛いよ」を忌野清志郎プロデュースでリリース。 ’90年代は、セッションマンとしても活躍し、忌野清志郎、オリジナル・ラブ、ブルーハーツ、真心ブラザーズ等のツアーやレコーディングに参加。

    ’90年代後半より、インディーズに活動を移行。年間120本を越えるツアーで鍛えられたファンキーなライブパフォーマンスは、世代・ジャンルを越えて熱狂的な支持を集め、いつしかローリングピアノマンと呼ばれるように。

    ’12年から、コラボ・イベント「HOBO CONNECTION」を主催し、仲井戸“CHABO”麗市、竹原ピストル、七尾旅人、中川 敬(ソウル.フラワー.ユニオン )、TOSHI-LOW(BRAHMAN)、大木温之(The ピーズ)、中村佳穂、奇妙礼太郎等多くのミュージシャンとのコラボ・ライブを繰り広げる。

    ’16年4月には、満を持して、自身が立ち上げたレーベルHello Recordsより、アルバム『Hello!』をリリース。CDと同時に自身初のアナログ・レコードもリリース。

    ’17年1月にはリクオ with HOBO HOUSE BAND名義でライブCD『Hello!Live』とDVD『Hello!Live Movie』を同時リリース。7月、ソロとしてはフジロックへの初出演。’18年5月にシングル「永遠のロックンロール / 海さくら」を リリース。

    ’19年6月自主レーベルHello Recordsからの第三弾アルバム「グラデーション・ワールド」全国発売。
    サウンドプロデューサーに森俊之を迎え、ゲストギタリストとしてウルフルケイスケ、仲井戸 “CHABO” 麗市、古市コータロー (THE COLLECTORS) 山口洋(HEATWAVE)らが参加。
    リクオの新たな可能性を見出した3年振りのスタジオ・アルバム。 先行リリースシングル「永遠のロックンロール/海さくら」を含む全10曲収録。

    ディスコグラフィ
    「本当のこと」 1990.11.28
    「時代を変えたい」 1991.6.25
    「SHOUT SHOUT OUT」 1992.5.25
    「Rehabilitation」 1993.6.25
    「太陽をさがせ」 1995.10.25
    「Rehabilitation」 1993.6.25
    「RIKUO '90-'93」 1996
    「heaven's Blue」 1999
    「Talkin' Blue」   2001
    「MELLOW BLUE」 2003.2.12
    「Rollin'」 2003.2.12
    「CRAZY FINGERS / Pianoforte」 2004.4.7
    「CRAZY FINGERS / Hammer Street」 2005.5.11
    「セツナウタ」 2006.6.21
    「セツナグルーヴ」 2007.1.24
    「What's Love?」 2008.8.6
    「RIKUO BEST Early Years 1990-1995」 2008.8.6
    「RIKUO & PIANO」 2010.1.20
    「HOBO HOUSE」 2014.2.21
    「リクオ with HOBO HOUSE BAND / Live at 伝承ホール」 2014.12.10
    「Hello!」 2016.4.14
    カテゴリ
    ミュージシャン
    ジャンル
    POPS、ROCK、SOUL
    活動拠点
    京都府
    メンバー/担当
    リクオ pf.vo.
    所属レーベル

    Hello!Live

    2017.1.18 Release

    2016年7月1日、アルバム「Hello!」の発売を記念して、下北沢・GARDENで行われたリクオ with HOBO HOUSE BANDのステージから15曲を収録。
    「Hello!」のポップでカラフルな世界に、さらなる高揚と多幸感!ライブアルバムの枠を超え、リクオ・ワールドの新たな扉を開く1枚。


    ローリングピアノマン リクオのレーベルHello Records 第二弾


    リクオはアルバム『Hello!』で描いた「再生」の物語に、躍動するようなリアリティーを付与してみせた。
    アルバムに収録された曲をバンドと共に観客の前で歌うことで、この物語の主人公が自分自身であり、
    また僕ら自身でもあるのだということを身をもって示したのだ。
    ライヴは最初から最後まで、生き生きとした音楽の息吹に溢れていた。
    きらきらと輝く光の粒子が天井から降り注いでくるようだった。
    リクオはMC で何度か「スターティング・オーバー」という言葉を口にした。それはアルバム『Hello!』の重
    要なテーマであり、リクオが今、僕らに伝えたいことでもある。
    過去を振り返り、失敗を受け入れて、またやり直す。過去の誤ちが消えることはないし、受け入れたと
    ころで、未来への不安が払拭されるわけでもない。それでもリクオは「まだ何かができる」と信じること
    で、希望と可能性を生み出そうとしている。それは「Live=生きる」ということと同義でもあるはずだ。
    リクオの音楽がリアル・ミュージックであり続けている理由も、きっとそこにあるのだと僕は感じている。
    *ライナーノーツより(文:宮井章裕)

    【収録曲】
    1. 僕らのパレード
    2. 永遠のダウンタウン・ボーイ
    3. ランブリンマン
    4. 雨上がり
    5. 2人のハロー・ライフ
    6. ずっと好きな人
    7. プレミアム・ラグ
    8. 大阪ビター・スイート
    9. 同じ月を見ている
    10. アイノカタチ
    11. 胸が痛いよ
    12. あれから
    13. 恋の行方
    14. HAPPY DAY
    15. LOOK BACK!!

    品番
    HR-003
    生産国
    日本

    販売価格:¥3,080(税込)

    • アーティスト一覧

    • アーティスト特集

    • アイテム一覧

    PPICK UP

    • RECOMMEND:

      アーティスト一覧

      casaricoto に登録している様々な才能を持った
      アーティストを見つけることができます。
    • casaricoto radio :

      アーティスト特集

      casaricoto radio で紹介した
      アーティストを見つけることができます。
    • ITEM LIST:

      アイテム一覧

      casaricoto で販売している様々な商品を見つけることができます。
    アーティスト、ミュージシャンの皆様へ 無料で音楽活動をPRしましょう! casaricotoの登録はこちらアーティスト、ミュージシャンの皆様へ 無料で音楽活動をPRしましょう! casaricotoの登録はこちら

    FOLLOW ME!